読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヾ(:3ノシヾ)ノシ

飯テロリスト

東京都国立市の穴子天丼…茶碗?…いや丼だ!


f:id:mari_bouquet:20170311142129j:image

国分寺と立川の間にあるから「国立」!

 

会社の車に搭載されているナビは、何故か国立(くにたち)ICを「こくりつインター」と読み上げます(ある意味間違ってないけどさ)

 

国立駅南口に降り立ち徒歩で3分程。駅前の通りから一本入ったところに
f:id:mari_bouquet:20170311142530j:image

深川つり舟がございます。


f:id:mari_bouquet:20170311142656j:image

正面左手の階段から2階へ。

 

今回はランチタイムもピークを過ぎたであろう1時20分頃に伺うも、40人程が入る店内はほぼ満席。

自分のすぐ後には、近くにある一橋大学の学生とおぼしき集団も来店し

 

「完っ全にフルハウス」(あんじゅさん)

 

お茶をすすりながら待つ事しばしで到着したのが

 
f:id:mari_bouquet:20170311143152j:image

穴子天丼  1,350円

 

え?

 

ははは。嫌だなー。

穴子天ぷら単品じゃ無いですってばー。

 


f:id:mari_bouquet:20170311143446j:image

別の角度からも。はいっ!

 

ね?穴子天丼でしょう?

 

鈴木雅之ばりに

違う違う!

そうじゃ そうじゃない!

と、聞こえてくる気がしますが、ここでリアクションするか黙々と食べ始めるかで、つり舟初心者か否かが露呈します(だから何だと言われたらそれまで)

 

箸で掴んだだけでホロホロと崩れんばかりの、柔らかな穴子を取り皿に避難しつつ、比較のため割り箸を隣に。
f:id:mari_bouquet:20170311144445j:image

こいつを見てくれ

こいつをどう思う?

 

とは言えですね、ただ大きいだけの穴子天ならこれでお仕舞いですが、この穴子は味もツァイコーなんです。


f:id:mari_bouquet:20170311144913j:image

身が崩れないように慎重に持ち上げパクり。

口の中でとろけるかのような柔らかな白身を味わい、続けて白米をかっ込むのが堪りません。


f:id:mari_bouquet:20170311145320j:image

やあ(・∀・)ノ

穴子の下には野菜天が潜んでいる素敵仕様(さつまいも、じゃがいも、なす、かぼちゃ)

こちらもしっかり美味しい。

 

とまあ美味な一品ではありますが、量が量ですので、完食が無理と思った時点で、素直に持ち帰りを申告しましょう。

続きはWEBならぬ続きは自宅で!

 

私ですか?

私は勿論完食です。

 

 

もう今日は何も食わなくて良いな(ΦωΦ)

 

 

 

 

東京都文京区千駄木のラーメン・酸辣麺は見た目に反して健康志向な一杯


f:id:mari_bouquet:20170212143147j:image

植木鉢? 

いいえ酸辣麺です!

 

人生で初めて日暮里を知ったのは、GTOの日体大(日暮里体育大学)の一文だったなぁ…

それ以来、自分の中でネタ扱いされていた街、日暮里。

ごめんなさい。良い街です(ΦωΦ) 


f:id:mari_bouquet:20170212143638j:image

そんな誰に向けてるのか分からない謝罪をしつつ西日暮里駅に降り立ちます。

 
f:id:mari_bouquet:20170212143823j:image

てくてく歩いて不忍通りに出たら、田端方面に方向転換。

 

程なくして
f:id:mari_bouquet:20170212144400j:image

神名備に到着。

御主人と奥様の二人で切り盛りしており、開店直後や閉店間際を狙わないと、基本行列のあるお店なので、店内or外のイスに座って待ちます。

 

さて、こちらのお店、ラーメンの値段が少々特殊でして…
f:id:mari_bouquet:20170212144818j:image

安い醤油(塩)ラーメンでも¥1,296、チャーシュー麺ともなると¥2,000オーバーします。

これは無添加だったり、漢方生薬を使ったラーメンだからなんですが、まぁどう捉えるかはその人に委ねるとして。

個人的には全然アリです。

さすがに毎回ランチでこの値段は払えないので日は選びますが、その味、そして親切丁寧な接客は値段以上のもだと思ったり。

 

で、今日のお目当ては、前々から気になっていた酸辣麺。

 


f:id:mari_bouquet:20170212143147j:image

どん!


f:id:mari_bouquet:20170212145955j:image

別の角度からもどん!

 

ラピュタか何かですかね?

 


f:id:mari_bouquet:20170212150315j:image
「食べにくかったら、お野菜こちらによけて召し上がってくださーい」との言葉と共に添えられたお椀に、ラピュタの木の部分を避難させると

 

やあ(・ω・)ノ
f:id:mari_bouquet:20170212150341j:image

モヤシが顔を覗かせます。

さらにその下から

 

やあ(・∀・)ノ
f:id:mari_bouquet:20170212150540j:image

神名備名物のチャーシューが!

 

この具材を発掘する楽しさたるや…

今なら考古学の魅力を理解できる気がします!(錯覚)

 

いざ食べ始めるとこの酸辣麺、最初は山椒の香りが強く、クセを感じるのですが、食べ進める毎にそこに胡麻の風味と酸味と辛味がマッチして、どんどん美味しくなっていくんですよ、これが。
f:id:mari_bouquet:20170212151131j:image

胡麻の香る絶品スープ

無調化だからか、見た目より遥かに優しい味わい。

 

いやいや、大変美味しゅうございました。

 

 


f:id:mari_bouquet:20170212151227j:image
f:id:mari_bouquet:20170212151539j:image

神名備に行ったらかなり高い確率で注文する、季節のおにぎり。

 


f:id:mari_bouquet:20170212151316j:image

半分ぐらい食べたところ。

こちらも中身ギッチリ。

 


f:id:mari_bouquet:20170212151448j:image

こちらは醤油ラーメン+煮玉子

焦がしネギが入っており、香ばしいアクセントをつけてくれます。


f:id:mari_bouquet:20170212154328j:image
チャーシュー麺ではなくラーメンです!


f:id:mari_bouquet:20170212151808j:image

別の日の塩ラーメン。

やはり存在感バツグンなチャーシュー。

しかしラーメンだ!(大事なことなので2回(ry

脇にチラッと見える海苔は、「お待たせしてしまったので」と言って付けてくれたサービス品。ありがたい気遣いに感謝( ˘ω˘)

煮玉子は他の方のオーダー率も高めですし、トロットロの絶品なのでオススメ。

 

そして個人的に余裕があったら是非試してもらいたいのが

f:id:mari_bouquet:20170212152729j:image

こちらの正式杏仁豆腐

よくある市販品の杏仁豆腐を食べたときに感じる、あの独特の香り(風味?)。アレが杏仁豆腐の味ではないんだと知らしめられる一品。


f:id:mari_bouquet:20170212152743j:image

正式なだけに、上にはナウシカでお馴染み?のクコの実が。

この苦味を杏仁豆腐で緩和して食します。

 


f:id:mari_bouquet:20170212152959j:image

心憎いタイミングで提供された、追加のお冷や。

 

行列があっても、急かされることなく、なんなら「ゆっくり(注文を)決めてくださいね」と一声掛けてくれて、ゆったりと過ごせる。

 

モノを食べる時はね 誰にも邪魔されず 自由で なんというか救われてなきゃあダメなんだ 独りで 静かで 豊かで…

な人にもピッタリ。

自分は食事だけでなく、接客に対しても対価を払ってるんだなぁ。

などと実感できる、そんなお店なのでした。

埼玉県所沢市の豚カツ屋さんでI can fry! you can fry! we can fry! motto motto‼


f:id:mari_bouquet:20170206193806j:image

🐷

 

所沢駅側のプロぺ通り商店街。

そこから一本脇道に入った所にある、豚カツ屋さん「しゅん亭」は、馴染みのゲーセンから徒歩10秒とゆう神立地で、ひっじょ~に重宝しております。

 


f:id:mari_bouquet:20170206194222j:image

ゲーセンのすぐ脇にある立て看板が目印。


f:id:mari_bouquet:20170206194324j:image

顔を上げればすぐそこに。

ホラあった。

 

タバコを吸わない身からすれば神対応な、ランチタイム禁煙も嬉しい。

 

豊富な揚げ物を用意していますが、時間をずらして訪問すると一部メニューが品切れの場合があるので要注意。

 


f:id:mari_bouquet:20170206193806j:image

ロースカツ定食 1400円

 


f:id:mari_bouquet:20170206194907j:image

肉厚なカツと、山盛りキャベツで大満足な一品!

 

f:id:mari_bouquet:20170206195033j:image

ピントがズレているのは、きっと感激のあまりに手が震えたからさ

肉汁が溢れる豚ロースはとても柔らかく、モリモリ食べられてしまいます( ˘ω˘)

 

ラー○ン○郎では、出来の良いチャーシューを神豚と称するそうですが、ここのロースカツはさしずめ全てが神豚!

Pork is GOD!

この腐敗した世界におとされた I am Godpork

 

なんのことやら解らなくなったのでこの辺で止めときます。

 

 

あとランチタイムでオススメなのがこちらの


f:id:mari_bouquet:20170206195954j:image

メンチ・コロッケ定食 880(780)円

小鉢がロースカツと違うのは、日替わりなのかメニューの差なのかは不明。多分日替わり。

 

冒頭の画像にもあるように、880円の定食が780円で提供されています。

 

やだ素敵…お得…

 

ちなみに自分が通い始めた頃には既に780円になっており、店頭にも特に期限の記載はありません。

 

閉店セール詐欺のごとく、延々と続いてほしいものですね!!

 


f:id:mari_bouquet:20170206200320j:image

安くて脂っこくて美味しそうな見た目…

 

f:id:mari_bouquet:20170206200353j:image

メンチ

 

f:id:mari_bouquet:20170206200417j:image

コロッケ

 

こちらもロースカツよろしく、山盛りキャベツをお供にモリモリ召し上がりたい一品。

ご飯がススム君なので、大盛りもありっちゃあり。

 

お昼時はキッチン担当の御主人と、女性の方がホール担当で一人いらっしゃいます。

この編成だと御主人はキッチンに籠りっきり。なんて事も有りがちですが、こちらの御主人は意外とフレキシブルに動いて、会計やテーブル調味料の片付けをアグレッシヴに自分で行ったりします。

 

なので直接ご馳走さまを伝えて、お店を後にするのでしたとさ。


f:id:mari_bouquet:20170206201338j:image

すっごく爽やかな存在の漬け物

 

 

東京都西東京市ひばりヶ丘でジャパニーズ中華料理食べチャイナ


f:id:mari_bouquet:20170129120606j:image

だから親父ギャグはやめろとあれほど!

 

「ナニ!?西東京ッテ!?」

「西ノ東京ナノ?」

「東京ノ西ナノ?」

「街ナノ?」

 

などと、ラーメンズの小林氏が頭の中で語りかけてくる街、西東京市。その北部に位置する、ひばりヶ丘でランチを食べましょう。

 

駅の北口を出て徒歩1分

 


f:id:mari_bouquet:20170129121128j:image

西東京市の北ギリギリのエリアにある中華料理屋さん

 


f:id:mari_bouquet:20170129121405j:image

ランチタイムには嬉しいサービスもあるようです。


f:id:mari_bouquet:20170129121546j:image

おま、丼にされるのにそんな笑顔で…(ΦωΦ)

 

店内はカウンターのみ7席か8席(うろ覚え)

御主人と、御主人のお母さんかな?二人で切り盛り。

お母さん(仮)が席へ案内してくれ、荷物や上着置き場にラックを使って下さいと、丁寧に促してくれます。こうゆう接客をして頂けると、ぜひ再訪したい!と、思えますよね( ˘ω˘)

 

「ランチはビールがサービスになりますけど?」

「いや、ビールは飲まないです」

「ではホット烏龍茶お付けしますね」


f:id:mari_bouquet:20170129122316j:image

サービス烏龍茶

そうゆうのもあるのか…(ΦωΦ)

 

烏龍茶で喉を潤すこと程なくして

 


f:id:mari_bouquet:20170129120606j:image

日替わりセット 850円

  • 餡掛け焼きそば
  • 海鮮春巻き
  • 小鉢×2

 


f:id:mari_bouquet:20170129122535j:image

野菜がタップリで、不摂生がちな社会人には嬉しい一品。


f:id:mari_bouquet:20170129122628j:image

面は固すぎず軟らかすぎず。

しょっぱすぎずいい塩梅の餡とあわせて ŧ‹"ŧ‹"(o'ч'o)ŧ‹"ŧ‹"

 


f:id:mari_bouquet:20170129122825j:image

この春巻きが個人的に当たり!

噛むと餡がジュワッとウルトラマンばりに口の中に広がり、パリパリの皮とのハーモニーを奏でるとか奏でないとか。

半分に切られてるから猫舌の人にも優しい。

 


f:id:mari_bouquet:20170129123240j:image

サービスの白キクラゲとジャスミン茶のゼリー



f:id:mari_bouquet:20170129123821j:image

季節限定の牡蠣ラーメン

 

冬季だけど牡蠣(やめてぶたないで)

 


f:id:mari_bouquet:20170129124016j:image

タップリの牡蠣!

牡蠣の旨味が溢れまくるスープ!

今ならまだ間に合う!

オイスターが苦手でなければ、ぜひ一度ご賞味あれ。

 

 

 

「ナニ?夏季五輪ッテ!?

…食材ノ牡蠣ノコト?

…ソレヲ、食ウノ?

ひばりヶ丘デェ~!?」

 

囁くのよ、私の脳内小林が!(ΦωΦ)

東京都小平市のオムライスとパンケーキで卵を敢えてダブらせる


f:id:mari_bouquet:20170109164841j:image

オムライス四天王!

 


f:id:mari_bouquet:20170109164953j:image

仕事でしか来たことが無い街として、自分の中でお馴染みの小平。

わざわざ降り立ったのは卵を食べる為(!?)

 

しかし土地勘の無い場所だし心細いな~、などとビビっていると

 


f:id:mari_bouquet:20170109165106j:image

謎の像が力強くお出迎え!!

 

…うん。

なにコレ?

 


f:id:mari_bouquet:20170109172042j:image

なんならサブミッション喰らってるようにしか見えないし

 

こいつぁイキナリどでかい一発をかましてくれるぜ…

 

謎の銅像に後ろ髪引かれつつ、目的地目指して、てくてく歩き…

 

歩き…

 

歩いて…

 

はいこちら!


f:id:mari_bouquet:20170109172522j:image

eggg cafeにご到着!

 
f:id:mari_bouquet:20170109172638j:image

こちらはお食事と、卵や卵で作ったお菓子などの販売をしているお店さんです。

混雑時を避けるため、開店直後に来店するも既に先客もあり、開店15分後には満席になる盛況っぷり!

 

入店すると店員さんが食事か買い物か聞いてくるので、「食事です!」と元気に答えましょう(ボリュームは自己責任でお願いします)

ちなみに、忙しいと店員さんの手が回らない場合もあるので、その時はさっさと空いてる席に座っちゃいましょう。

メニューは声を掛ければ用意してくれます(写真のチラシではなく、ちゃんとしたメニューがあります)

 
f:id:mari_bouquet:20170109164841j:image

うーむ…


f:id:mari_bouquet:20170109173340j:image

イラストがまたそそる…

 

 

注文は席ではなくカウンターで行う先払い方式。

お会計を済ませたら、番号札を持って席で待ちます。

 

 

ワクワクワクワクo(^o^)o

 

(ΦωΦ)!

 


f:id:mari_bouquet:20170109173630j:image

こいつはいかにもオムライスってオムライスだ(何

 


f:id:mari_bouquet:20170109173735j:image

この食欲を刺激する外見…たまらんのぉ…

ちなみに今回はトマトソースをチョイス。

トマトが好きだからであり、決して四天王で最弱だからではない。

 

写真も十分撮ったのでいざ実食

 


f:id:mari_bouquet:20170109173922j:image

トロトロ卵がソースと絡まり、チキンライスともマッチして…えーと…

 

うまい!(深刻な語彙力不足)

 

あっという間に平らげる。

ごちそうさまでs

「おっと!俺のバトルフェイズはまだ終わってないぜ!」

 

時間差魔法発動!

 


f:id:mari_bouquet:20170109174445j:image

ブリュレパンケーキ!

 


f:id:mari_bouquet:20170109174531j:image

こいつはカスタードクリームをたっぷり使った一品であり逸品だ!

 


f:id:mari_bouquet:20170109174730j:image

そしてカラメルソースをかける度に旨さが倍増する!

いくぜ!

 


f:id:mari_bouquet:20170109174850j:image

ぐわぁああああああ!

 


f:id:mari_bouquet:20170109174931j:image

ぐぎゃああああああ!

 


f:id:mari_bouquet:20170109175016j:image

ぶるわあああああああっ!!

 

 

いやー…ナニコレ

旨すぎる!

 

ふわふわもちもちのパンケーキは卵の風味がしっかりあって、口のなかでとろけ、甘過ぎないカラメルソースとマッチ。クリームブリュレのトロトロも嬉しい。

えーと…なんてゆうか…うまい!(やはり深刻な語彙力不足)

 

食べる前は

「この店はパンケーキであの店もパンケーキ!そこになんの違いもありゃしねぇだろうが!」

ぐらいに思ってましたが

私の心の中のザ・ニンジャが

「違うのだ!」

と叫んでましたね。

 

そんなこんなで小平市のeggg cafe

大満足です( ˘ω˘)

 

ただしオムライスはすぐ出るのですが、パンケーキの提供に20~30分ぐらい掛かりますので、お越しになる方は時間には余裕をもって来店することをオススメします。 また、基本的に並ぶものと考え、平日に来れる方は平日を狙ったほうが良いかもしれません。

 

そしてお店がどの駅からも遠いので、車で来店するのが無難です。

自分は花小金井駅から25分かけて歩きました。その場合はカロリーをプラマイゼロにするつもりで歩きましょう。

 

しかしそれらを差し引いても、ぜひ食べたいと思わせる素敵料理なのもまた事実。

また訪れたいですね。

 


f:id:mari_bouquet:20170109180756j:image

「やめて遊戯!」

「HA・NA・SE!」

埼玉県所沢市の中華そばと台湾まぜそばで中華平定

しまった。きざみネギと焦がしネギと玉ネギでネギがダブって(ry


f:id:mari_bouquet:20161223190836j:image

 

ダブるもなにも、デフォでそのトッピングなんですけどね。

油が堪えるお年頃になると、昨今流行りの背油豚骨とかドカ盛り系のラーメンは、よっぽど体調を整えて挑まないと敗戦濃厚な訳でして。

濃厚なのは味付けだけでお願いしたい!あ、いや、それも無理!今回はそんな貴方にオススメな一軒かもしれないお店。

 

埼玉県所沢市ファルマン通り沿いに軒を構える

f:id:mari_bouquet:20161223194648j:image

拉麺 はち屋

 

  • メニュー表

暖簾にデカデカと中華そばを掲げながら、スミイチ(メニューの一番端がオススメ商品とゆう理論)は海老そばな、シンプル少数精鋭


f:id:mari_bouquet:20161223195301j:image

 大盛りは100円増しになります。入り口左の券売機で購入しましょう。  



f:id:mari_bouquet:20161223232817j:image

カウンターに備え付けられた頼もしい奴ら。お好みでどうぞ。

てかまたネギかよΣ(ΦωΦ)

 

寡黙なご主人が黙々と作業するのを、しげしげと眺めながら待つこと暫し。

 

どどん!
f:id:mari_bouquet:20161223233439j:image

やれ中華そばだ海老そばだ言っておいての、まさかの台湾まぜそば


メニューによると、麺と具材を混ぜ合わせて食べるそうなので

 


f:id:mari_bouquet:20161223233814j:image

この国の作法なら従いましょう

 

うんうん。太麺に肉味噌が良く絡み、ネギの風味もきいている。

こうなるわけか!よい作法だ!!

 
f:id:mari_bouquet:20161223234107j:image

そして追い飯で胃袋にトドメ!!

もうこんなの絶対旨いに決まってるので、台湾まぜそばを召し上がる際には、追い飯分の容量を空けておきましょう(ΦωΦ)

 

そして…

 

ゴローさんよろしくスープが恋しくなってしまっても

 

今の俺にはコレがある!!
f:id:mari_bouquet:20161223234325j:image

中華そば+トッピングの味玉!

 

三種のネギと二種のチャーシューから感じる、並々ならぬこだわり。


f:id:mari_bouquet:20161223234545j:image

見た目より遥かにあっさりのスープ。

しかしたっぷりの旨みを含んでおり、ただ薄味な訳でもなく、逆に濃い味付けで誤魔化してるのでもない、非常に繊細な旨さを味わえます。

ネギも食感と風味で大活躍(そろそろネギがゲシュタルト崩壊)

 

 

昔ながらの中華そばとも、油や魚介系の出汁が自己主張をぶつけてくるラーメンとも違う。それでいて胃に優しい(気がする)ラーメンを食べたいと思ったら、是非足を運んでみては如何でしょうか。

 

 

 

 

埼玉県所沢市の蕎麦と蕎麦寿司で蕎麦がだぶってしまった

奥に向かってズンズズン
f:id:mari_bouquet:20161218182253j:plain




今日は西武王国のお膝元、埼玉は所沢へ。
f:id:mari_bouquet:20161218182329j:plain

駅の西口に出ましたら、すぐ右手にあるプロぺ通りを突き進みます。
この通りだけでも相当な飲食店があるのですが、その誘惑を乗り越え、出口近くの脇道に入ると…<f:id:mari_bouquet:20161218182425j:plain
のぼり!

f:id:mari_bouquet:20161218182547j:plain
敷地の奥へずいずいずずいと進んでいくと

f:id:mari_bouquet:20161218182634j:plain
手打ちそば弥兵衛がございます。

表にもメニューはあるので、気になる方はここで策を練るのもありっちゃあり。
海のリハクばりに、いらん策を練りつつ入店。
店内はカウンター4席とテーブル2席×3の小ぢんまりとした作り。
入り口でボケーっとしていると、店員さんが「空いてるお席にお座り下さい」と促してくれます(促される前に座れよって話ですね)


f:id:mari_bouquet:20161218182757j:plain
お茶。蕎麦茶なのが嬉しい(˘ω˘)

今回はランチ限定の「そば三昧」を注文。
隣で昼から渋く熱燗をキめてるお爺さんがいるのが、まさに蕎麦屋って感じ。

待つこと暫しで蕎麦降臨

f:id:mari_bouquet:20161218183201j:plain

イイね!

いかにも蕎麦って蕎麦だ!(何

f:id:mari_bouquet:20161218183808j:plain
ラーメン屋さんで必ず麺硬めを頼む人でも安心な、
このしっかりした歯応えの蕎麦をズルズルズルッと一息に手繰るのが江戸っ子よ!(栃木生まれ)

ちなみにこのセット

f:id:mari_bouquet:20161218184134j:plain
蕎麦と

f:id:mari_bouquet:20161218184206j:plain
蕎麦寿司と

f:id:mari_bouquet:20161218184243j:plain
蕎麦茶が卓上でバミューダトライアングルを形成することになるので、「あちゃあ…蕎麦と蕎麦寿司と蕎麦茶で蕎麦がダブってしまったぞ」などと、ゴローさんを気取りたい人にはお薦めです。気取らないですかそうですか。

f:id:mari_bouquet:20161218184544j:plain
f:id:mari_bouquet:20161218184616j:plain
別の日に食べた花巻蕎麦。
シンプルな見た目ながら、濃すぎず薄すぎずのお汁と海苔の香り、山葵の風味が絶妙。飽きのこない良いお蕎麦だし、濃すぎない味付けはお酒の後にもピッタリかもしれないなと思ったり。

f:id:mari_bouquet:20161218185619j:plain
箸置きも素敵_(:3 」∠ )_

石臼挽きの蕎麦を午前と午後で打ち分けたり、蕎麦の産地を限定せず、その時々で良いものを使ったりと、節々にこだわりを持ちつつ、接客は傲らず丁寧。
雰囲気も味もまた来たいと思わせてくれるお店だなぁ…( ˘ω˘)
などと思いつつ、心憎いタイミングで提供された蕎麦湯を啜るのでしたとさ。


f:id:mari_bouquet:20161218190350j:plain