読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヾ(:3ノシヾ)ノシ

飯テロリスト

東京都国立市の穴子天丼…茶碗?…いや丼だ!


f:id:mari_bouquet:20170311142129j:image

国分寺と立川の間にあるから「国立」!

 

会社の車に搭載されているナビは、何故か国立(くにたち)ICを「こくりつインター」と読み上げます(ある意味間違ってないけどさ)

 

国立駅南口に降り立ち徒歩で3分程。駅前の通りから一本入ったところに
f:id:mari_bouquet:20170311142530j:image

深川つり舟がございます。


f:id:mari_bouquet:20170311142656j:image

正面左手の階段から2階へ。

 

今回はランチタイムもピークを過ぎたであろう1時20分頃に伺うも、40人程が入る店内はほぼ満席。

自分のすぐ後には、近くにある一橋大学の学生とおぼしき集団も来店し

 

「完っ全にフルハウス」(あんじゅさん)

 

お茶をすすりながら待つ事しばしで到着したのが

 
f:id:mari_bouquet:20170311143152j:image

穴子天丼  1,350円

 

え?

 

ははは。嫌だなー。

穴子天ぷら単品じゃ無いですってばー。

 


f:id:mari_bouquet:20170311143446j:image

別の角度からも。はいっ!

 

ね?穴子天丼でしょう?

 

鈴木雅之ばりに

違う違う!

そうじゃ そうじゃない!

と、聞こえてくる気がしますが、ここでリアクションするか黙々と食べ始めるかで、つり舟初心者か否かが露呈します(だから何だと言われたらそれまで)

 

箸で掴んだだけでホロホロと崩れんばかりの、柔らかな穴子を取り皿に避難しつつ、比較のため割り箸を隣に。
f:id:mari_bouquet:20170311144445j:image

こいつを見てくれ

こいつをどう思う?

 

とは言えですね、ただ大きいだけの穴子天ならこれでお仕舞いですが、この穴子は味もツァイコーなんです。


f:id:mari_bouquet:20170311144913j:image

身が崩れないように慎重に持ち上げパクり。

口の中でとろけるかのような柔らかな白身を味わい、続けて白米をかっ込むのが堪りません。


f:id:mari_bouquet:20170311145320j:image

やあ(・∀・)ノ

穴子の下には野菜天が潜んでいる素敵仕様(さつまいも、じゃがいも、なす、かぼちゃ)

こちらもしっかり美味しい。

 

とまあ美味な一品ではありますが、量が量ですので、完食が無理と思った時点で、素直に持ち帰りを申告しましょう。

続きはWEBならぬ続きは自宅で!

 

私ですか?

私は勿論完食です。

 

 

もう今日は何も食わなくて良いな(ΦωΦ)